話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
かつら文庫の50年

かつら文庫の50年

編: 東京子ども図書館
出版社: 東京子ども図書館

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,047

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2008年10月
ISBN: 9784885690952

出版社からの紹介

2008年3月5日、有楽町朝日ホールで開催した「かつら文庫の50年」記念の集いを中心とした一連の行事のご報告です。開庫当時通っていた阿川尚之・佐和子兄妹のたのしいトークをはじめとする50年前の“子どもたち”の証言、日本の民間教育・読書活動の系譜をたどりつつ、文庫の意味を考える松岡享子名誉理事長の講演を完全収録。「写真で綴るかつら文庫の50年 小さな子ども図書室の半世紀の歩み」も併収。

ベストレビュー

子どもの周りにに良質の本があること

図書館の講座で勧めていただいた本です。

石井桃子さんが作られたかつら文庫、50周年に伴う行事報告が元になっています。

石井さんがかつら文庫を始められたのは50歳を過ぎてからだったというのは、最近知ったことですが、亡くなるまでのその仕事量を思うと、日本の子どもの本にとって石井さんがおられたことは、とても幸せなことだと思いました。

「50年前の子どもたちは語る」では、阿川佐和子さんが「あのときの空気というものが、からだのすみずみまでしみこんでいる」というのが印象的でした。

子どもの周りにに良質の本があること、本と子どもの間を橋渡ししてくれる大人がいること、とても大切なことだなあと思いました。

特に、松岡享子さんの講演録には、読みながら涙してしまいました。
この本も、子どもの本に関わるすべての方たちに読んでいたたきたい本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

東京子ども図書館さんのその他の作品

昔話と子どもの空想 / 児童図書館の先駆者たち アメリカ・日本 / 愛蔵版おはなしのろうそく(11) ティッキ・ピッキ・ブン・ブン / おはなし 聞いて語って――東京子ども図書館 月例お話の会500回記念プログラム集 / おはなしのろうそく(32) / よみきかせのきほん――保育園・幼稚園・学校での実践ガイド(TCLブックレット)


絵本ナビホーム > 教養 > ムック・その他 > 総記 > かつら文庫の50年

性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

かつら文庫の50年

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット