ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
かつら文庫の50年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かつら文庫の50年

編: 東京子ども図書館
出版社: 東京子ども図書館

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥952 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

子どもの周りにに良質の本があること

図書館の講座で勧めていただいた本です。

石井桃子さんが作られたかつら文庫、50周年に伴う行事報告が元になっています。

石井さんがかつら文庫を始められたのは50歳を過ぎてからだったというのは、最近知ったことですが、亡くなるまでのその仕事量を思うと、日本の子どもの本にとって石井さんがおられたことは、とても幸せなことだと思いました。

「50年前の子どもたちは語る」では、阿川佐和子さんが「あのときの空気というものが、からだのすみずみまでしみこんでいる」というのが印象的でした。

子どもの周りにに良質の本があること、本と子どもの間を橋渡ししてくれる大人がいること、とても大切なことだなあと思いました。

特に、松岡享子さんの講演録には、読みながら涙してしまいました。
この本も、子どもの本に関わるすべての方たちに読んでいたたきたい本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


東京子ども図書館さんのその他の作品

おはなしのろうそく(28) / おはなしのろうそく(9) ホットケーキ / おはなしのろうそく(27) / おはなしのろうそく / おはなしのろうそく(5) / おはなしのろうそく(24)



『つくってみよう! へんてこピープル』tupera tuperaさんインタビュー

かつら文庫の50年

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット