くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
バブーシュカのおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バブーシュカのおくりもの


出版社: 日本基督教団出版局

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

贈る気持ち

あとがきによると、ロシアではバブーシュカというおばあさんがクリスマスにプレゼントを配るそう。
そんな意味合いも込めて、主人公はバブーシュカというおばあさんなのでしょうか。
バブーシュカはきれい好きのおばあさんなのです。
なぜかというと、とにかく動いて悲しいことを忘れるため。
少し切ないですが、きちんとしているところは見習いたいところです。
さて、クリスマス、バブーシュカのところにも神様の使いが現れるのですが、
掃除のことで頭がいっぱいのおばあさんは見過ごしてしまいますが、
何とか対面を果たすのです。
よく知っている馬小屋の光景が、また違った視点から描かれていますね。
何より、贈る気持ちの大切さが伝わってきます。
少し変わった画風だけに、不思議な体験の雰囲気がよく伝わってきました。
宗教色が強いので、日本の子どもたちには少し解説が必要かもしれませんね。

(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

バブーシュカのおくりもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット