雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
2ほんの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

2ほんの木

作: エリザベト・ブラミ
絵: クリストフ・ブラン
訳: 小林 繁夫
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「2ほんの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784893259028

文・上野与志
22×27cm・28P

出版社からの紹介

フランス生まれの翻訳絵本。サン・テグジュペリ賞受賞作品。
大きな木と小さな木は友達同士。寒い日も、花が咲く日も一緒に成長してきました。
しかし、ある日二本の間に人間が高い壁を築きお互いが見えなくなってしまいます。
小さな木は悲しむ大きな木を「さあ、元気をだして、壁より大きくなろうよ」と、励まします。

ベストレビュー

表紙と裏表紙を広げてみよう

6歳の娘が自分で選んで図書館から借りてきました。
大きな木と小さな木は、隣同士でいつも一緒。お互いに競い合って暮らしていました。ところが2本の木の間に高い塀がつくられて、お互いの姿が見えなくなってしまいます。
障害を乗り越えて、また会えた2本の木を見たら、感動してこちらまで幸せな気分になりました。意外に深い内容でビックリ。
読み終わったあと、娘が表紙と裏表紙を広げてみて「あー」と言っていました。2本の木が1枚の絵になっていて、素敵でした。
(クッチーナママさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ハッピーなおやすみのえほん!

2ほんの木

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット