うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目

  • 絵本
作: 桂米平
絵: いとう ひろし
出版社: フェリシモ出版

本体価格: ¥1,286 +税

「おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784894325067

248×188mm・32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


“おはなし”を通して、たからものをたくさんお届けしたい

みどころ

フェリシモ出版の「おはなしのたからばこ」シリーズ17巻は、上方落語の『犬の目』。
ドキドキしながらお医者さんの診察を受ける気持ち、みなさんも感じたことがありますよね。これは、目が痛くなって、目医者さんにかけこんだ男のドキドキのお話です。
男は、目医者さんから、目がくさりかけていると言われてびっくり!治療のために目をくりぬくと言われ、さらにびっくり!
そしてくりぬかれてしまった男の目へ、お医者さんの何だか怪しげな?治療がはじまります。目玉は、目を洗う液体につけて膨らんでしまったり、元のサイズに戻すために天日で干されたり。
男の不安がつのるうちに、助手から小声で、「先生、目が盗まれました」という報告が。なんと、となりの犬が食べてしまったと言うではありませんか! さあ、男の目はいったいどうなる?

落ち着きはらった目医者さんと、(言葉だけ聞いて)あわてふためく男の、絶妙なやりとりが笑いを誘います。内容は奇想天外の連続なのに、桂米平さんのクールで軽妙な語り口がいいですね。これぞ、落語という感じがします。
ちょっと聞くとグロテスクになりそうなお話ですが、いとうひろしさんによるイラストは明るく、ユーモラスで、落語絵本と思えないくらいモダンな雰囲気。落語そのもののように、聞き手の想像の余地を残した描き方をされているそうです。
どの場面も、人物の表情や構図が絶妙なので、じっくりお楽しみください。

(長安さほ  編集者・ライター)

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目

出版社からの紹介

そんな、あほなことできますかいな、とあきれる人も、噺を聞くうちにアハハハと納得して笑ってしまうのが、
落語の見事なところ。テンポよく進むお医者さんと男の人のやり取りがおもしろく、なんともおかしな、
表情豊かな3人と一匹の姿に、ページをめくる手がとまりません。洗った目玉を食べてしまった犬の満足そうなこと。
落ち着いて次の手を打つお医者さんもさすがです。読み終わって表紙を見返した時、なんだか心がざわざわして
しまうのはなぜかしら?落語ってこんなにシュールでポップだったんだな。
大阪の実力派桂米平と絵本作家いとうひろし初の落語絵本。がっぷり四つに組んだ意欲作です。

ベストレビュー

笑った

息子が読んで「面白かった」と私にも読み聞かせしてくれました。
かなり奇想天外な話で、さすが?落語だなぁと。でも、落語は昔ながらのイメージなので現代が舞台なのも新鮮です。
あまりにあり得ないので、純粋に笑えます。
(lunaさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる / くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

おはなしのたからばこワイド愛蔵版(17) 犬の目



全ページためしよみ
年齢別絵本セット