モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
むかしむかしあるところに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

むかしむかしあるところに

作: 楠山正雄
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

「むかしむかしあるところに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1996年06月
ISBN: 9784924684867

A6

出版社からの紹介

編者が昔、書店をしていたころから、変だなあ、と思っていたのが、日本の昔話でした。
何が変か、というと、たとえば「舌切り雀」。
舌を切られた雀に、おじいさんがあやまっています。
そしておおごちそうになったおじいさんは、その夜、雀のお宿にとめてもらいます。
舌を切ったのはおばあさんなのに、なぜおじいさんがあやまるのでしょう。
それに、どんなに無慈悲なおばあさんでも、おじいさんとは一つ屋根の下に住んでいるのです。
おばあさんが心配するから今日のところは帰りますよ、とことわるのが、順序正しさ、礼儀正しさというものでしょう。
−だから、子どものいたずらまで親があやまったり、人の心配なんかお構いなしに無断外泊するようになる、
と編者は心を痛めておりました。でも、この本は、だいじょうぶ。毎晩ひとつ、子どもに読んであげてください。

出版社おすすめ


楠山正雄さんのその他の作品

めそめそしてても、いいじゃない!?



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

むかしむかしあるところに

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット