あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
貘さんがゆく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

貘さんがゆく

作: 茨木のり子
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,250 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年04月
ISBN: 9784887470057

A6

出版社からの紹介

茨木さんが好きな詩人の一人が山之口貘さんです。
貘さんの娘さんミミコさん(詩のなかにも登場します)と茨木さんとは仲よしです。
この本ができた時には編者もお祝いの席にご一緒しました。
今はあまり流行らなくなりましたが、貘さんは生まれてから死ぬまで貧乏でした。どんな貧乏かというと

米粒ひとつも
はいっていないの
だから胃袋が怒りで
いっぱいなのだ (「胃」より)

でも貘さんは貧しさに屈伏せず、飄々と、むしろ貧乏を楽しく生き抜いた人だったのです。
ですから、つむぎ出された詩は、おどろくほどの気品にみちています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

茨木のり子さんのその他の作品

茨木のり子詩集 わたしが一番きれいだったとき / 女がひとり頬杖をついて / 智恵子と生きた 高村光太郎の生涯 / 君死にたもうことなかれ / 倚りかからず / 貝の子プチキュー



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

貘さんがゆく

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット