なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
母の詩集
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

母の詩集

作: 池下和彦
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年08月
ISBN: 9784887470651

B6

出版社からの紹介

「田中さんが今度出した『母の詩集』はどういう詩集ですか、
池下和彦さんという名前も初めて聞きますが有名な詩人ですか」と何人もの知人から聞かれました。
そこでぼくは「母の詩集」の123頁にある「店屋さんごっこ」という詩を紹介しました。

庭先にならべられた家中の靴
母さんはいま靴屋さんである
縁台に並べられた家中の傘
母さんはいま傘屋さんである
靴屋さんの母さんも
傘屋さんの母さんも
いま店番にいそがしい
母さんに売ってもらった靴をはいて傘をさして
ぼくはいつもの買い物にでかける

知人は「母さんは認知症の人なんだ」とすぐ判りました。
「うちでも義母が似たようなことをしでかしてそのたびに 『困るじゃないか』とか『だめだよそんなことをしちゃ』と
文句たらたらだったけど、そうか、母さんはままごとをしてたんだね」 と言って涙ぐみました。
この詩集を読むと、人はどこまでやさしくなれるのか、
そして、人は他人をどこまで許すことが出来るのかについて深く考えさせられます。
池下和彦さんとは銀座の和光でお会いしました。修行を終えたお坊さんのように、おだやかで、さっぱりしたお顔でした。
そして、ぼくの出版の申し出にちょっと不安そうに「売れますか?」とお聞きになりました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

母の詩集

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット