しあわせ しあわせ
作: いもと ようこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いもとようこ“感動の実話絵本”。母子のやりとりから、日々の暮らしの大切な気持ちに気づかせてくれる、やさしくあたたかなお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
この人を見よ 3 マリ・キュリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

この人を見よ 3 マリ・キュリー

作: 桶谷繁雄
絵: 朝倉 摂
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「この人を見よ 3 マリ・キュリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784887470422

A6

出版社からの紹介

「マリ・キュリー」は科学者故桶谷重雄さんの著作「キュリー夫人」(1954年講談社刊)を復刊したものです。
それまでのキュリー夫人伝の多くは、娘 エーヴが書いた「キュリー夫人伝」のあらすじをまとめたもので、
桶谷さんには不満足な内容でした。東京工業大学で金属工学の教授だった桶谷さんは、随筆家 としても著名でしたが
日本の子どもたちのために、科学者の目でマリ・キュリーの伝記を書こうと考え長年月をかけこの伝記を完成させました。

「キュリー夫人」のほんとうの名前は「マリ・キュリー」です。もとの名前は
「マリ・スクロドフスカ」。ピエール・キュリーと結婚して「マリ・キュリー」になりました。

ここではマリが娘だった頃から死ぬまでの出来事を書いています。
ピエール・キュリー氏の奥さんだった女性の一生を書いたものではありません。

桶谷さんの筆はマリ・キュリーという一人の女性の生き方、一人の人間の生き方だけでなく
一科学者としての立派な功績をとても判りやすく書いた、感動の伝記を生み出しました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朝倉 摂さんのその他の作品

たつのこたろう / この人を見よ 5 アンリ・デュナン / この人を見よ 4 ハリエット・B・ストー / この人を見よ 2 二宮金次郎 / てんにんのはごろも / ゆきむすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

この人を見よ 3 マリ・キュリー

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット