とらんぽりんぽーん とらんぽりんぽーん とらんぽりんぽーんの試し読みができます!
文・絵: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
いろんな野菜がとらんぽりんあそび…どんなふうにとぶかな!?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
個人のたたかい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

個人のたたかい

作: 茨木のり子
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「個人のたたかい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年11月
ISBN: 9784887470088

A6

出版社からの紹介

昔、茨木のり子さんが書かれた詩人評伝の一つです。
金子光晴氏がご健在のときで、何度もご自宅を訪ねて取材なさったそうです。

金子氏は子どものときからあまのじゃく精神がおうせいで、22歳のとき、「反対」という詩を書いています。

 僕は少年の頃
 学校に反対だった。
 僕は、いままた
 働くことに反対だ。
  (中略)
 僕は信じる。反対こそ、人生で
 唯一つ立派なことだと。
 反対こそ、生きてることだ。
 反対こそ、じぶんをつかむことだ。

金子氏を師と仰ぐ茨木さんは、「皆にはまだはっきりとは意識されてはいないけれども、
この人の存在そのものが、日本を深いところで支える大きな手の一つであることを
時は次第に解明してゆくだろう」(弥生書房刊「金子光晴詩集」)と書いておられます。
そのおもいは、その時も今も変わりません。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


茨木のり子さんのその他の作品

茨木のり子詩集 わたしが一番きれいだったとき / 女がひとり頬杖をついて / 智恵子と生きた 高村光太郎の生涯 / 君死にたもうことなかれ / 倚りかからず / 貝の子プチキュー



国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

個人のたたかい

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット