たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
だましてください言葉やさしく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だましてください言葉やさしく

作: 永瀬清子
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

「だましてください言葉やさしく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年05月
ISBN: 9784887470811

A6

出版社からの紹介

「女の戦い」という詩は、こう始ります。
『式がこれからという時
 姑になるべきその人が私の前にぴたりとすわり
 立札みたいに四角に
 言葉を選んで云ったのです
 「あの子はこれまでいつも我ままに育てましたけえ
 あんたもこれからあの子の云う事は
 ようても悪うても絶対さからわんで下さいよ」

 おお何たること、今まで聞いたこともないその云い草(後略)』

まだ封建的色合いの強い1927年21歳で結婚した永瀬清子さんの、
ここから始る「女の戦い」の序章でした。

1906年岡山に生まれ、結婚して2男2女の母となり、農婦をやり県庁にも勤め詩を書きつづけた
詩人永瀬清子は女であり嫁であり妻であり主婦であり親であり、詩人である以前に、
「人」であるが故に、生涯「女の戦い」に挑んだのです。

表題の「だましてください言葉やさしく」を含む15編の詩及び31編の短章を収録。
巻頭には谷川俊太郎さんの詩「永瀬清子さんのちゃぶだい」を収めました。


この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


永瀬清子さんのその他の作品

ひでちゃんのにっき



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

だましてください言葉やさしく

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット