雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
なみ@えほんさん 50代・その他の方

詩と絵の すてきなハーモニー
 よく知られている詩ですが、大きな字で…
【おまとめ買いにも♪】キュートなこぐまちゃんソックスは、ちょっとしたプレゼントにオススメです♪
良寛さんのうた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

良寛さんのうた


出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「良寛さんのうた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年11月
ISBN: 9784924684843

田中和雄 編・A6

出版社からの紹介

良寛さんを知らない人はいません。子どもでも知っています。
日本人にとって良寛さんというのは誰なんでしょう?父さんや母さんでしょうか。
仲のいい友だち?それとも恋人みたいな人でしょうか。
そのどれもがほんとうのようですが、ぼく(編者)はこんなふうに思いました。
−良寛さん、と思っただけで、良寛さんとぼくが、小さな子どもになって、仲よく遊んでいる…。
それでは、ステキな漢詩(編者訳)を一つご紹介しましょう。

 わたしは
 どこから 来て
 どこへ ゆくのか

 ひとり 生まれ
 ひとり 生き
 ひとり 考え
 ひとり、を思う

 始まりは
 いつかの昔
 終わりは
 いつかの明日

 そして
 いま、ここ、に
 わたしは、いる
 それが
 たしかな、わたし



この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「学研の幼児ワーク」<br>編集者・工藤香代子さんインタビュー

良寛さんのうた

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット