ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
彩吉さん 30代・せんせい

憎めない存在のほげちゃん!
家にやって来た子犬にヤキモチを焼いたり…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ポケット俳句
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポケット俳句

  • 絵本

出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

「ポケット俳句」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年06月
ISBN: 9784887470538

田中和雄 編・A6

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ポケット俳句」は「ポケット詩集」I、II、IIIの続編にあたります。
「ポケット詩集」の構想を持ったとき、万葉からジャン・コクトーまでという夢を描きました。
やってみると、うまくいきません。ごった煮になってしまって、どうやっても美しく仕上がりませんでした。
そこで「ポケット詩集」は近現代の詩のなかで、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」に代表される
志の高い詩を集めて三巻としたのでした。
その間ぼくの編集ノートに書きとめた俳句が、俳句アンソロジー一巻にちょうどの分量になっていました。
書きとめた期間は約10年。小沢昭一さんの句「落第や吹かせておけよハーモニカ」を見つけたとき、
ぼくが作る俳句アンソロジーの選句テーマが決まりました。
「童心」というのでした。「童心」で選ぶと、次のような句が次々と目にとびこんできました。

 海に出て木枯帰るところなし

 ふと思うことありて蟻ひき返す

 林檎の木ゆさぶりやまず逢いたきとき

 算術の少年しのび泣けり夏

芭蕉も一茶も蕪村も虚子も飯田龍太も放哉も山頭火もみんな童心というテーマで選ばれました。
飯田龍太は「偽りのなき香を放ち山の百合」
虚子は「虹立ちて忽ち君の在る如し」
蕪村は「鶯の啼くや小さき口明いて」
なお、「ポケット俳句」は一巻のみで、続刊はありません。

ベストレビュー

菜の花明かり

 一ページに一句から三句ほどの俳句がかかれています。解説も挿絵もない、シンプルな本です。
 シンプルなだけに、じっくり読むことができます。なかなか意味がわからないものもありますが、クスッとわらえる俳句もあって楽しいです。

 テーマは「童心」だそうですが、もっと幅広いように感じました。

 気にいった俳句は
 「本を読む 菜の花明かり 本にあり」
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




すべてのおとなとこどもに贈ります

ポケット俳句

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット