十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ポケット川柳
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポケット川柳


出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ポケット川柳」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年04月
ISBN: 9784887470590

西木空人(栗田亘) 編著・A6

出版社からの紹介

同じ五・七・五なのに、川柳と俳句は大ちがいだ。俳句が花鳥諷詠なら、川柳は人間諷詠である。ユーモア、ウィット(機智)、エスプリ(才気)、サタイア(風刺)などを基調とする短詩、といえる。
朝日新聞紙上で「朝日川柳」をたった一人で担当する西木空人氏は元天声人語の名筆、栗田亘その人である。
選ばれた川柳は粒ぞろいである。「叱られて寝る子が閉めてゆく襖」、「子が出来て川の字なりに寝る夫婦」、
「良心の唇青しカンニング」とほほえましい句があれば、「貧しさもあまりの果は笑ひ合ひ」と貧乏句がある。
かと思うと「逃げて行く家鴨のお尻嬉しそう」「旧友の顔の中なる幼な顔」と笑いを呼ぶ句もある。
激しい反戦の句もある。「手と足をもいだ丸太にしてかえし」「国境を知らぬ草の実こぼれ合ひ」。
どこのページを開いても、うふふと笑い、、涙ぐみ、身につまされる。
でも全体、温かい句や子どもや生き物の句が目立つのは、編著者の人柄だろう。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。



あかちゃんが言いやすいことばで、おしゃべりスタート♪

ポケット川柳

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット