しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
二人が睦まじくいるためには
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

二人が睦まじくいるためには

作: 吉野弘
出版社: 童話屋

在庫あり

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年10月
ISBN: 9784887470378

A6

出版社からの紹介

広告の帯に「初々しいふたりと すこし疲れたふたりに」とあります。
世界は、「ふたり」から始まります。それまで「ひとり」だった男と女が結ばれて「ふたり」になり、
家庭をつくり次代に送るというのが、この地球上、どこの国でも原初からくり返されてきた、いのちの営みです。
「ふたり」は他人どうし。そのふたりが相手をいたわり、励ましあう仲良しなら、自ずとやさしい気持ちが生まれます。

「祝婚歌」という詩は、こう始まります。

   二人が睦まじくいるためには
   愚かでいるほうがいい
   立派すぎないほうがいい
   立派すぎることは
   (中略)
   長持ちしないことだと気付いているほうがいい
   正しいことを言うときは
   少しひかえめにするほうがいい
   正しいことを言うときは
   相手を傷つけやすいものだと
   気付いているほうがいい

吉野さんはこうも語っています。
「絶対者がふたり出たのでは、すぐ戦争になります。
そこに、エゴイズムを相対化する精神がなければ、社会は争いの場にしかなりません。」

どこかの国に、そんな絶対者がいますね!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

吉野弘さんのその他の作品

吉野弘詩集 奈々子に / 吉野弘詩集



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

二人が睦まじくいるためには

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット