もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ポケット詩集 3
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポケット詩集 3


出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ポケット詩集 3」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年10月
ISBN: 9784887470484

田中和雄 編・A6

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ポケット詩集が出てから3年経って2を出し、それから3年後3を出しました。3年毎に一冊ずつというのは偶然でもあり、
また一巻の詞華集の編集にはそのくらいの年月が要るということでもあるのでしょう。一巻目の筆を擱いたときに、
はいりきらない名詩の山に溜息が出ましたが、二巻目のときも、同じでした。

ところが、3の編集作業を終えたとき、もう、これで十分やった、終わった、と思いました。
新たに加わった詩人は佐藤春夫、室生犀星、北原白秋、宗左近、木山捷平、高良留美子、斎藤庸一、安水稔和、
滝口雅子、永瀬清子、天野忠、中原中也、高橋新吉、高橋元吉、江國香織、堀口大学、寺山修二氏らです。
特に江國香織さんの「父に」が入ったおかげで、「精神の高さ」の視点からのみ詩を選ぶ作業を
強いてきた緊張感がほぐれて、春の風にあたったような安堵感が得られました。
近年、少年たちがいとも簡単に刃物で人を殺す風潮が目につきます。子どもたちが、ナイフではなく一冊の詩集を
手にしてくれたら、どんなにか幸せなことでしょう。このポケット詩集がそんな役に立てたら、編者望外の喜びであります。

ベストレビュー

詩人の言葉

 詩は難しい、、、というイメージがあって、あまり読まないのですが。
 まなまなしい詩人の言葉に、圧倒されました。
 
 「嫁こ」が、ほほえましかったです。詩人の理想の嫁こは、みつかったのでしょうか、、、。

 編者の
  「子どもたち ポケットにしのばせるのは
 ナイフではなく 詩集であってほしい」
という言葉に、しみじみしました
(どくだみ茶さん 40代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

ポケット詩集 3

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット