十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
空をかついで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

空をかついで

作: 石垣りん
出版社: 童話屋

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,250 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年01月
ISBN: 9784924684911

A6

出版社からの紹介

詩も名前も、りん、としています。1920年生まれ。詩が書きたくて、高等小学校を卒業するとすぐ丸の内の
日本興業銀行のOLをやって50年。退職金で雪谷にマンションを買い、一人暮らしを通しました。
「空をかついで」のあとがきに、「表札」一編の詩を書くために石垣りんさんはこの世界に生まれてきました、とあります。
「表札」は精神の高い詩です。宮沢賢治の「雨ニモマケズ」や茨木のり子さんの「自分の感受性くらい」に並ぶ作品です。
編者は、この「表札」の精神の高さに打たれ、石垣さんの四冊の詩集の中からエッセンスを取り出し、
一冊の詞華集としました。
石垣さんはよく詩の朗読をしました。おなかの底から、りん、とした声がでました。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • てのひら
    てのひら
    作:瀧村 有子 絵:藤田 ひおこ 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    入園後に泣いている子ども達へ――ママの素敵なおまじない☆

石垣りんさんのその他の作品

石垣りん詩集 挨拶―原爆の写真によせて / レモンとねずみ / 石垣りん詩集 略歴 / 私の前にある鍋とお釜と燃える火と / 石垣りん詩集 表札など



『よるのようふくやさん』穂高順也さん 寺島ゆかさんインタビュー

空をかついで

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット