あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
はるかな国からやってきた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるかな国からやってきた

詩: 谷川 俊太郎
出版社: 童話屋

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,250 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年02月
ISBN: 9784887470330

A6

出版社からの紹介

谷川さんは日本の詩人というより世界の詩人です。そんな詩人は日本で一人だけでしょう。
詩集だけで80冊を超えます。スヌーピーやマザーグースも谷川訳で日本人の宝物になりました。
絵本の翻訳もレオニの「スイミー」や「フレデリック」など名訳ばかり。
谷川さんのアンソロジーは、長年の夢でした。80冊2千編の詩を何回も読んで5年もかかりました。
アンソロジーのテーマ(コンセプト)は「十代のノートから」にありました。
十代で悟った「全ての生は幸福である」がそれです。
凡そいのちというものは、幸せに生まれ、幸せに生き、そして幸せに還る、ということでしょうか。
谷川さんはこのアンソロジーを喜んでくださり、
「これから僕は自己紹介のときは『はるかな国からやってきた谷川俊太郎です』といいます。」とおっしゃいました。
名詩「みみをすます」は本来は詩集一冊分の長詩ですが、編者は一計を案じてこのアンソロジーに収めてしまいました。
どんなふうに収まっているかは、どうぞ手にとってご覧ください。
巨大な谷川俊太郎山脈が、手の平サイズの詩文庫一冊に、ゆうゆうと収まっている姿。
わくわくするほど、決まっています。編者、快心の一冊です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

でんでんでんしゃ / フレデリック(ビッグブック) / いそっぷ詩 / ここから だしてくれ〜! / 恐竜がいた / これはすいへいせん



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

はるかな国からやってきた

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット