しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
小さな学問の書 3 天は人の上に人をつくらず
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さな学問の書 3 天は人の上に人をつくらず

作: 安野 光雅
出版社: 童話屋

本体価格: ¥286 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小さな学問の書 3 天は人の上に人をつくらず」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年08月
ISBN: 9784887470200

A6

出版社からの紹介

童話屋が「小さな学問の書」を出したとき、安野光雅さんが「これはいい企画だね」と誉めてくださいました。
そして「自分にも書きたいものがある」と言って、一ヶ月で書き下ろしたのが本書です。安野さんは、
童話屋が出版する初めのきっかけ(「魔法使いのABC」) を作ってくださって以来、ずっと兄貴分のように、
童話屋のことを心配してくれているのです。「ぼくが書くと、あとの筆者に頼みやすくなるだろう。」
とやさしく言ってくれます。

冒頭、キング牧師がワシントン大行進の折に演説した内容が紹介されます。

 「私には夢がある。いつの日か、ジョージアのあか土の丘のうえで、かつての奴隷の子どもたち  と、かつての 奴隷主の子どもたちとが一緒に腰をおろし、兄弟として同じテーブルにつくと  きがくるであろう。
  (中略)
  私には夢がある。いつの日か―
  (中略)
  私には夢がある。いつの日か―」

安野さんは「わたしは、この言葉を声にだして読むことができない。読もうとすると、いつも声がふるえてしまうのだ。」
と述べています。そこを読んでいると、涙をいっぱいに浮かべている安野さんの顔が、目に見えるようです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

わたしの好きな子どものうた / 小さな家のローラ / 森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分



おこづかいの見方が変わるかも!?親子で楽しめるお金絵本

小さな学問の書 3 天は人の上に人をつくらず

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット