もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
小さな学問の書 10 本は、ぼくの先生だった 1
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さな学問の書 10 本は、ぼくの先生だった 1

作: 栗田亘
出版社: 童話屋

本体価格: ¥286 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「小さな学問の書 10 本は、ぼくの先生だった 1」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年10月
ISBN: 9784887470552

A6

出版社からの紹介

元天声人語の栗田亘さんの新著である。名筆といわれた著者は読者少年だった。生まれて初めて出合った絵本が
「大男とトム」。小学生のときは「飛ぶ教室」 や「トム・ソーヤーの冒険」中学生では蕪村の俳句、漱石の「坊ちゃん」。
正蔵の「あたま山」で落語に、中也から詩に目覚め、ついに「本はぼくの先生だっ た」に至る若き日の読書物語である。
栗田亘さんの「漢文を学ぶ」1,2,3,4の愛読者である茨木のり子さんは一読、絶賛。
とくに与謝蕪村の「およぐ時よるべなきさまの蛙かな」の文中、
著者 が朝日新聞社の入社試験に挑んだ折のエピソードが実によい、と手放しで褒めてくださった。次の一文である

▼突然話が変わるが、新聞社の入社試験には作文が出る。課題が一つ示され、八百字とか千字とかで文章を書かなければならない。しかも、語学や一般常識といった試験科目のなかで、作文の比重は結構重い。
▼ざっと四十年の昔、ぼくも試験を受けた。どんな課題が出るか見当も付かない。前の晩ぼんやりと蕪村句集を開いたら、この句に出会った。うん、単に情景描 写だけでなく深みがある、想像力をかき立てる。これ使える、と思った。どんな出題であっても最初の一行にこの句を書こう。そこで心を落ち着けて、つぎに何 を書くか考えよう。
▼翌日、出た題は「職業」だった。予定通り、いきなり「およぐ時よるべなきさまの蛙かな」と書いた。それで……結果はうまくいった。
▼蕪村には恩もある。お世話になった。

紹介する書名はその他にも「ガリヴァ旅行記」「ドリトル先生航海記」
「チボー家の人々」「どんぐりと山猫」など17点である。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

栗田亘さんのその他の作品

小さな学問の書 11 漢文を学ぶ 5 / 小さな学問の書 8 漢文を学ぶ 4 / 小さな学問の書 7 漢文を学ぶ 3 / 小さな学問の書 6 漢文を学ぶ 2 / 小さな学問の書 5 漢文を学ぶ 1



「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

小さな学問の書 10 本は、ぼくの先生だった 1

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット