十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【再入荷】遊びながら実験の楽しさを教えてくれるイモムシ型ロボ、再入荷しました!
悲しい対馬丸の話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

悲しい対馬丸の話

作: 久野登久子
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「悲しい対馬丸の話」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

戦争と学童疎開の悲劇

戦争の悲惨さを語る絵本は多いのですが、この対馬丸の話は知りませんでした。考えれば、戦争の悲惨を考えるとき、知らない史実が無限にあるのかもしれません。
沖縄の悲惨。そのなかにこのような事実があったことは衝撃です。
なにより、児童が疎開するために乗った船が撃沈されてしまい、まだ幼い多くの命が海に呑まれてしまったのです。
事実はしっかり受け止めなければいけないのですが、この絵本は少し説教口調に終わってしまったようです。
それは伝えたいことが多すぎることと、思いが大きすぎたから?
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

久野登久子さんのその他の作品

地球が大変!



入学・入園・進級の準備に、知育しかけ絵本

悲しい対馬丸の話

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット