だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
くらやみでもへっちゃら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くらやみでもへっちゃら

作: 桃井和馬
絵: 長野 ヒデ子
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,333 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年03月
ISBN: 9784477010809

小学校初級〜中級向

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

明るい夜は人間の本来もっている「五感」を鈍らせます。暗闇でいかに行動できるだろうか? 五感をとぎすますレッスンを提案します。

ベストレビュー

今の便利な生活について考えました

図書館の科学絵本の講座で紹介していただいた本です。

今は、コンビニもあるし、街灯も明るいし、暗闇の怖さって確かに経験しませんよね。

小さい頃、父の実家に泊まってトイレが外にあったので、すごく怖かったことを思い出しました。

暗闇がなくなったことで、五感が研ぎ澄まされなくなり、暗さに対する畏敬の念というのか、見えないものに対して感じることも薄らいてきているのかもしれないと、読んでみて改めて今の便利な生活について考えました。

息子も暗闇の中のことに興味津津という感じで見ていました。

絵が長野ヒデ子さんだったので親しみやすかったです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


桃井和馬さんのその他の作品

世界のともだち(19) インド アルナブ世界をめざす / 生命がめぐる星 -地球-

長野 ヒデ子さんのその他の作品

おもしろ落語図書館〈その一〉 / おもしろ落語図書館〈その二〉 / おもしろ落語図書館〈その三〉 / おもしろ落語図書館〈その四〉 / おもしろ落語図書館〈その五〉 / サンタクロースがよっぱらった



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

くらやみでもへっちゃら

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット