ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
The Tale of Peter Rabbit (ピーターラビットのおはなし 洋書版)ボードブック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

The Tale of Peter Rabbit (ピーターラビットのおはなし 洋書版)ボードブック

  • 絵本
作・絵: ビアトリクス・ポター
出版社: Frederick Warne

本体価格: ¥1,280 +税

「The Tale of Peter Rabbit (ピーターラビットのおはなし 洋書版)ボードブック」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

洋書に関する情報

ボードブックの絵本です。 サイズ:16.0 ×15.1 cm 言語:英語

▼ 絵本とあわせて、贈り物にも自分用にも。
>>「ピーターラビット」グッズはこちら

みどころ

1893年に刊行された初めてのピーターラビットの物語。
キャラクターとして高い認知度を持つ、ピーターラビットですが、元となった絵本は言うまでもなく秀逸です。
作者のビアトリクス・ポターが友人の息子宛に送った絵手紙が元となっただけあって、優しいタッチが印象的な作品です。

出版社からの紹介

4人兄妹のピーターはある朝妹たちと離れ、一人でマクレガーさんの畑へ向かいます。畑でたくさんの野菜を頬張っていたピーターはマクレガーさんに見つかって逃げる途中、靴とジャケットを失くしてしまいます。クタクタになりながら家に辿り着いたピーターは、、、

ベストレビュー

初めての洋書

自分の為に高校時代に初めて買った思い出のある洋書です。
英語の学習の為に買いましたが、飾っておいてもかわいい絵本ですよね。絵を見ているだけで、ピーターのいる世界に飛び込んでいけるような気分になります。素敵なイラストです。
今は息子に読んであげています。
(リリィティナさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ビアトリクス・ポターさんのその他の作品

ブーツをはいたキティのおはなし / POSTCARD BOOKピーターラビット色鉛筆BOX / I LOVEピーターラビット / ピーターラビットの世界 / ピーターラビット みんなだいすき / ピーターラビットからころえほん



ハッピーなおやすみのえほん!

The Tale of Peter Rabbit (ピーターラビットのおはなし 洋書版)ボードブック

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット