だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ルル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルル

作・絵: ポージー・シモンズ
訳: 掛川 恭子
出版社: 佑学社

本体価格: ¥1,165 +税

「ルル」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

絵の中へ行く魅力

英語教室で原書で読み聞かせしました。
冬なので、季節的なものを選んでいて、表紙の雪景色の可愛らしさに魅かれて手にとったのでしたが、中味は表紙とは違いました。
美術館になんか行かないもんとずっと駄々をこねていたルル、館内でパパにここで待っていなさいといわれたイスで鼻をすすっていると、突然天使が声をかけて来ます。
芸術作品がいっぱいの美術館はいつでも格好の舞台。
「クローディアの秘密」しかり、最近では「ナイトミュージアム」
雪の中、ルルがぐずる場面にはさして興味なさげだった生徒たちも、天使が海の絵の中へルルを連れ出したとたん、身を乗り出して聞いてきました。
「海の絵の中へ」今度はナルニア「朝びらき丸東の海へ」そのまま。
絵の中へ行って見られたら・・・一度は誰もが描く願望で、それはそのまま「絵本の中へ入ってみたい」という、絵本に夢中になるこどもなら誰もが描く夢に通じると思います。
雪景色やジャングル、馬に乗る肖像画の絵の中、次々と美術館に飾られる象徴的な絵の中へ連れて行ってもらえるルルは、なんて幸せなんでしょう。
普遍の魅力を描いた一冊だと思いました。
(ポピンズさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子3歳)

出版社おすすめ


ポージー・シモンズさんのその他の作品

ねこのパンやさん / せかいいちゆうかんなうさぎ ラベンダー / せかいいちゆうめいなねこ フレッド / チョコレート・ウェディング / せかいいちゆうめいなフレッド

掛川 恭子さんのその他の作品

岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (5) 愛ふたたび (下) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (4) 愛ふたたび (上) / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (3) めぐりくる夏 / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (2) 雲のはて / 岩波少年文庫 フランバーズ屋敷の人びと (1) 愛の旅だち / 灯台守のバーディ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

ルル

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット