まじょまつりにいこう まじょまつりにいこう
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
うさぎは、ねこしかさんかできないまじょまつりにいきたくてしかたありません。そうだ!へんそうすればいいんだ。ところが・・・・・・。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ちなつのハワイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちなつのハワイ

  • 児童書
作: 大島真寿美
絵: 池田 進吾
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「ちなつのハワイ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

マンガの原作のようなストーリー

私は個人的に、大島さんの書かれる話は(今まで手にした)どれもがストライクゾーンで、いつも楽しく読んでいます。
ただ、一般的な児童文学ファンタジーに比べると、個性的な内容のものが多いように思います。

今回は小学5年生くらいの主人公・ちなつが、家族でハワイに行った時のお話なのですが、
ただ夏休みに家族旅行で行ったドタバタ珍道中とかではなく、
物語の出だしから、家族に不穏な空気がよどんだ始まり方で、
もしかして家族崩壊?とか、両親の離婚?とか、あるかもしれない。と読み手をドキドキさせます。
ところが、ちなつがハワイについてすぐ話はいきなりファンタジー色が強くなり、大好きなおばあちゃんが死の淵の幽体離脱(?)をして、ちなつに会いに来たりとかしてしまいます。

若手劇団の台本とか、マンガの原作とかなら、あるかもしれないという展開ですが、あくまでも、小中学生あたりを対象に書かれている児童書で、この展開は珍しいかな〜と、感じました。
(マンガとか読みなれているお子さんでしたら、この物語展開に違和感なく溶け込めるかと思います)
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

大島真寿美さんのその他の作品

ポプラ文庫ピュアフル 空はきんいろ / ポプラ文庫ピュアフル ちなつのハワイ / ポプラ文庫ピュアフル ぼくらのバス / すりばちの底にあるというボタン / 青いリボン / 空はきんいろ

池田 進吾さんのその他の作品

そのように見えた / ワンス・アホな・タイム / TONY トニー



「パンダのポンポン」シリーズ 野中柊さんインタビュー

ちなつのハワイ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット