ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
一目ぼれ続出!クリスマスプレゼントに、乗れちゃう「はらぺこあおむし」はいかがですか?
ドロボービルのものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドロボービルのものがたり

  • 絵本
作: ジャネット・アルバーグ アラン・アルバーグ
訳: 佐野 洋子
出版社: 文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「ドロボービルのものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年02月10日
ISBN: 9784579403660

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ビルは、大きな家に住んでいるドロボー。ある晩、盗んできた茶色のはこに、なんと赤ちゃんが入っていた! おまけに次の晩、ビルの家にドロボーが……。おかしなドロボーのお話です。

ベストレビュー

めちゃくちゃ楽しいドロボーさんのお話

ドロボーのビルが主役の、めちゃくちゃ楽しいお話です。
ビルは、ぬすんできたものでぎっしりの家に住み、ぬすんだものを夜食に食べ、ぬすんだ大きな袋をしょってドロボーに出かけ、一晩中家々をはしごして盗み歩き、朝の5時に帰ってきて、朝食を済ますと、盗んできたベッドで夜まで眠ります。
ところが、ある日ぬすんできた箱の中から、何か聞こえてきます。中を開けると、赤ちゃんが入ってたから、さあ大変!

え〜ドロボー?え〜赤ちゃん?いくら、おもしろくても、道徳上まずいんじゃないの〜?と思われた方、ぜひ一度読んでみてください。大丈夫、とても素敵なラストシーンですから・・・。

訳者はなんと、「100万回生きたねこ」をかかれた佐野洋子さんです。(画家かと思ってたら、翻訳までされるんですね!すごい!)
(ぼのさん 30代・ママ 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳)

出版社おすすめ


ジャネット・アルバーグさんのその他の作品

大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス / なにみてる? / ゆかいなゆうびんやさんのだいぼうけん / どろぼうたちに気をつけろ / 大地の主のものがたり / それは、あらしの夜だった

アラン・アルバーグさんのその他の作品

3びきのくまとおんなのこ / えんぴつくん / そのまたまえには / だれも欲しがらなかったテディベア / ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス / 1年生になりました!

佐野 洋子さんのその他の作品

ねこ いると いいなあ / おとうさんおはなしして / おいで、もんしろ蝶 / おばけサーカス / 死ぬ気まんまん / パンツのはきかた



ハッピーなおやすみのえほん!

ドロボービルのものがたり

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット