となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
マウイたいようをつかまえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マウイたいようをつかまえる

作・絵: ピーター・ゴセージ
訳: 浜島代志子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マウイたいようをつかまえる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

息子好みの本!

ニュージーランドのマオリ族のお話です。

昔、太陽の動きがとっても早くて、
登ったと思ったらすぐにさっさと暮れてしまうので、
人々は何もできず困っていました。

そこで立ち上がったのが、マウイとそのお兄さん達。
太陽をつかまえて、魔術をかけた骨で顔をガンガン叩きます。
すっかり弱ってしまった太陽は、それ以来、
ゆったり登り、ゆったり暮れるようになりました。

この、太陽を弱めて動きを遅くするという発想と、
太陽の表情(特に弱ったときの顔!)がかなりウケます!

絵は、太陽に限らず、夜の場面に出てくるお月様のお顔も
とっても個性的で素敵!

色使いもとっても外国の先住民のお話!という感じの絵本で、
4歳の息子のこのみぴったりのようでした!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

浜島代志子さんのその他の作品

手作りの本 やさしい人形劇 No.4 / ママおはなしもっとして3 / ママおはなしもっとして2 / ママおはなしもっとして1 / 手作りの本 やさしい人形劇 No.3 / 手作りの本 やさしい人形劇 No.2



『コウノトリのコウちゃん』かこさんインタビュー&コウノトリの里、越前市レポート

マウイたいようをつかまえる

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット