しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ナニカのたね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナニカのたね

  • 絵本
作: 正道 かほる
絵: 堀川 理万子
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ナニカのたね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784333021178

小学校低学年から
21×16cm 64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

こうさぎのふわりは、拾ったナニカを森のひろばにうめました。やがてナニカの芽が出てぐんぐん大きな木に育ちます。きれいな花が咲き、おいしそうな実がついたのですが…。不思議な種が巻き起こす騒動を、コミカルに描きます。

ベストレビュー

煩悩、爆発!

【あらすじ】
いたずら魔女が落とした、「ピンクと黒の縞々の円いもの」は一体なにか?ウサギが最初に拾って、飴でないことをたしかめる。物知り梟は、「しらない」と言えない。とりあえず「ナニカの種」ということで、撒いてみる。目が出て育ち、実がなり…そしてもめごとが巻き起こる。考えさせられる一冊。

【感想】
絵本は甘くない。子どもが読むファンタジーだと思って気軽に手を出すと、とんでもない味わいの作品に出会ってしまう。この本は、タイトルや表紙の印象と、中身のギャップが激しくあって、新鮮な驚きがあった。
読み終わると、考えさせられる。内容が哲学的。動物をキャラクターに仕立てているけど、現実の人間社会に必ずいる「困った人」を思わせる。こういうイヤな部分は、自分も持っているとわかる。そして、作物が育って収穫を迎える段になると、それぞれが自分(だけの)利益を確保したくて、争いになる…今の社会、世界のありようを見事に描いていると思った。

子ども時代も、嫌なことはいっぱいあった。大人顔負けに、争いもあるし、嫌な奴もいるし、自分の中に嫌な性格を見つけるし…もう、どうしていいのかわからなくなることもあった。だれでも108つの煩悩があると、仏教の世界ではいうらしい。悩みはなくならないし、問題も解決したと思ったら新たな問題が出てくる。いつまでたっても「めでたし、めでたし」にならないのが、浮世のさだめ。
この絵本を読んでいて、そんなことを考えてしまった。

あんなにかわいい見た目の〇〇さんが、こんなに強欲だったなんて!普段はあんなにいい人なのに、いざとなったら冷たいものだね…そんな風に、表面上のいい人をすかして本音の部分が見えてくる経験を、これからこの本を読んでいる子どもたちもきっとするのだろう。そうやって、大人になって年をとっていくのが、浮世のさだめ。
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

正道 かほるさんのその他の作品

おねしょの せんせい / 宇宙くん、はしる / なんでも屋はじめます / かぜとびごっこ / おねしょのせんせい / へへへのへいき

堀川 理万子さんのその他の作品

あーといってよあー / はじめてのギリシア神話 / ひっつきむし / いっすんぼうし / 宮沢賢治の絵本 氷河鼠の毛皮 / よるの おきゃくさま



人気デュオ ガーガーズのパネルシアターから生まれた絵本

ナニカのたね

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット