ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
リキシャ・ガール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リキシャ・ガール

  • 絵本
作: ミタリ・パーキンス
絵: ジェイミー・ホーガン
訳: 永瀬 比奈
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年10月
ISBN: 9784790232247

小学校高学年〜中学生向き
A5判(表紙15.4×21.6cm)・134ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

リキシャってなんだかわかりますか? 人びとが移動するのに利用する乗り物です。この言葉は、日本語の「人力車」が由来です。
バングラデシュのリキシャは、運転手が自転車をこぎ、お客さんをのせるシートがついた車をひっぱります。
主人公のナイマは10歳の女の子。バングラデシュの伝統的な絵画アルポナをえがいたら村一番です。
でも、いくらアルポナをじょうずにえがけても、お金をかせいで、
一日中リキシャをこいで働きづめのお父さんに楽をさせてあげることはできません。
「わたしが男の子に生まれていたらなあ……」
くちびるをかみしめていたナイマはある計画を思いつきます。ナイマの計画はうまくいくのでしょうか。

ベストレビュー

文化、社会の違い

課題図書だということで手にしました。
シンプルですが、題材のグレードの高さを感じました。
バングラデシュという国の社会、文化事情、民族性等を理解することから学びとなりました。
貧困社会の中で、父親がリキシャという自転車タクシーを借金してまで購入して、休みもとらず働いているけれど楽ではない。
10歳の女の子のナイマは、家族の力になりたいと思うのですが、試しに乗ってみたリキシャを傷つけてしまいます。

バングラデシュでは、働くのは男で女は家庭にいるものという社会のようです。
夫を亡くしてリキシャの修理を行う女主人は例外ですが、女性も働かなければ暮らしていけないという事情。
女性の社会進出などとは無縁の国のようです。
一定の年になると、女性は男性と交際してはいけないようです。
何から何まで現代日本との違いを感じました。
ここのところをどう読みとるかがキーになりそうです。
着るものも年によって変わってくるようです。
本の巻末にいろいろな説明があって助かりました。

という背景を理解した上で、社会批判してもしょうがないのですが、働くことを許されたナイマの思いと行動をたたえたいと思います。
これから先、決して楽ではないとは思いますが、ナイマは自分で道を切り開いていく力を身につけました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

ミタリ・パーキンスさんのその他の作品

モンスーンの贈りもの

永瀬 比奈さんのその他の作品

アンナ・ハイビスカスのお話 アンナのうちはいつもにぎやか / もういちど家族になる日まで / しろいふゆ / シャングリラをあとにして



ハッピーなおやすみのえほん!

リキシャ・ガール

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット