なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
やかましやさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
とびきりのおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とびきりのおくりもの

  • 絵本
作・絵: 仁科 幸子
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とびきりのおくりもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年07月
ISBN: 9784333022205

21×16cm 64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

うさぎのピモとティッキは、幼なじみ。ある日、ティッキは森から出ていくことを告げます。そこでピモは、とびきりすてきな贈り物を渡そうと決心するのですが…。大切な友だちへのけなげな想いをさわやかに描きます。

ベストレビュー

生きる世界が違う二人。別れは必然

【あらすじ】
ウサギのピモとティッキは、いつか別れなければならない。ピモは地元に残り、ティッキは新天地を求めて冒険に出る。ピモは親友に何かとびきりの贈り物をしたくて、それを探しに行くが、なかなかよいものが見つからない。そして、二人の別れの時は近づいてくるが…

【感想】
二羽のウサギは、野ウサギと耳長ウサギと、種類も違う。体の大きさも、生き方も違う。小さい頃は一緒に暮らせても、いずれそれぞれに合った暮らしを求めて行かねばならない…これは、学校を卒業して、仲の良い友達と別れてそれぞれの進路を進みだすお話ではないかと思った。

地元に残るピモは、何をやってもダメで、いいところが一つもないような愚鈍な感じだった。それでも何かを成し遂げようと一生懸命にやっている姿が感動的。このウサギを見ていると、昔、小学校の頃にいた似たような人を連想する。あの人は、今頃どうしているのだろう?あんなに泣き虫で、だらしなくて、ダメ人間でやっていけるのか?…余計なお世話である。

ピモが贈り物を探す時、カタツムリとカエルと小鳥に尋ねる場面は、民話のような、繰り返しのパターンが効果的。この問答を通して、読者も「本当に大事な友達」のことや、「大事な人にあげる贈り物」についてあれこれ考えさせられる。
小鳥が一番、現実的で残酷な答えを出すところが、パンチが効いている。ハッとするというか、正気に戻るというか、感傷的になりすぎて軽く夢見心地だった自分を反省してしまう。
現実の厳しさを、容赦なく描いている。絵が優しい感じだけど、内容は結構ハード。
それにしても、この二匹はその後、どうなるのだろう?気になる…
(恵里生(えりお)さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

仁科 幸子さんのその他の作品

のねずみポップはお天気はかせ / クモばんばとぎんのくつした / ポンテとペッキとおおきなプリン / しあわせアパート / ウッカリとチャッカリのおみずやさん / うさぎぶんこのおおかみくん



『スコットくんとポワロくん』<br>フィリケえつこさんインタビュー

とびきりのおくりもの

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット