庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
すごいぞプンナちゃん2 あっちこっちでへびさがしのまき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すごいぞプンナちゃん2 あっちこっちでへびさがしのまき

  • 絵本
作・絵: いとう ひろし
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年07月
ISBN: 9784652009161

64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

日よう日、なにしてすごそうかな…たいくつだったりもする子どもたちの日よう日を描きます。負けず嫌いで強情っぱりの女の子・プンナちゃんのリアルな心の機微は、子どもの共感を呼ぶはず。

ベストレビュー

新しいタイプのジャンルかな…

また、いとうひろしさんの新しいシリーズを見つけてきました。
その名も「すごいぞプンナちゃん」シリーズです!
プンナちゃんというネーミングもすごいですが、
名前の前に「すごいぞ」とつけちゃうあたりが、
いとうひろしさんの面白さが出ている気がします。

そして、この本のサイズと言うか、タイプが絵本のようで、児童書のような作りになっています。こういうタイプの本を最近いくつか見ましたが、児童書(童話)なんでしょうか?それとも絵本なのでしょうか?
とっても微妙な新ジャンル?

ともかくプンナちゃんは元気で、活発で、結構自己中。しかも、男勝りな女の子です。たぶん学年的には中学年と見た!
明るい色彩で、とても読みやすい大きな字なので、小学校低学年や、もしかしたら幼稚園児でも年長さんくらいなら、1人読みできるかもしれません。
プンナちゃんのお気に入りは、パンナちゃんという女のお友達みたいで、その子と遊びたいのに、別の子が間に入ってきたりするとプンナちゃんは突然、いやな子になったりします。

でも、そんな裏表のないまっすぐなプンナちゃんの「想い」って、
同じ年頃の女の子なら、「うんうん」って思うか、「この子(プンナちゃん)って嫌い」って、思うんじゃないかな。
原寸大の女の子を描かれているので、子どもたちが読んだら、好き嫌いがはっきり出る作品かと思いました。
私は好みです。プンナちゃんガンバレー!ストレートな君が気に入ってます。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

いとう ひろしさんのその他の作品

もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる / くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

すごいぞプンナちゃん2 あっちこっちでへびさがしのまき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット