ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【フェア開催中!】みんなおめでとう!入園、入学、進級の季節がやってきました♪
すごいぞプンナちゃん3 ぼうけんダ・ダーンのひみつ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すごいぞプンナちゃん3 ぼうけんダ・ダーンのひみつ

  • 絵本
作・絵: いとう ひろし
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「すごいぞプンナちゃん3 ぼうけんダ・ダーンのひみつ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年11月
ISBN: 9784652009178

64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「女のくせに度胸ある」と一目置かれたプンナちゃん。男の子たちの『ぼうけんダ・ダーン』に入れるといわれるが。ひっこすヘンナちゃんからもらったお別れの品の変なダルマを川に捨ててしまって……。

ベストレビュー

ブックトークで紹介しようかな。

どうやらこの本は「すごいぞプンナちゃん」シリーズの3巻目のようです。(まだ1巻を見ていません!早くプンナちゃん登場の話が見たい!)

3巻目に入り、同級生コリンくんのお兄ちゃんカリンくんとその仲間が登場して、プンナちゃんの物語の世界が少し広がりをみせます。
最初はプンナちゃんにとって、いやなやつでしかなかったカリンくんとも、話はかみ合っていない節もありますが、どうやら仲良くやっていけそうな友達になっていきます。
この巻で、プンナちゃんはなんだか成長した気がします。
それは、読んだ子どもたちにも伝わるんじゃないかな?

文も短く字もはっきりしていて、絵もカラフルで遠目がきくのですが、
本のサイズが今イチ小さいので、読み語りにはあまり向かないかもしれません。
この本を子どもたちに紹介するのでしたら、ブックトークがいいと思います。お薦めの年代は小学校低学年から中学年かな?
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる



『よるのようふくやさん』穂高順也さん 寺島ゆかさんインタビュー

すごいぞプンナちゃん3 ぼうけんダ・ダーンのひみつ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット