ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
森の木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森の木

作・絵: 川端誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年11月
ISBN: 9784892386640

8〜10


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

村人に豊かな恵みを与えてきた一本の木。しかし、領主たちが森を荒らし、その木をさくで囲ったことから、何かが狂い始める……。大自然の生命感を、紙粘土の半立体画で表現した力作。

ベストレビュー

今度は「森」の話。自然の力に感動!

えっ!?川端さんの『物語三部作』のこの第2巻をナビで感想投稿した人って、今までいなかったんですか〜!?
「鳥の島(第1作)」は日本絵本大賞をとっています。
これはそれに続く2作目。今度は森の話。
こちらも壮大な物語を哲学的に描いてくれています。この話を読むと、人間の欲深さが恥ずかしくなります。
そして、大いなる自然の力に感動します。

絵本の作り方は1作目と同じ、掘り絵か、紙粘土を使った描き方です。
やはり1ページ1ページとても丁寧に作られています。
“木の精”モクが可愛かったです。
やはり進めるなら小学校高学年以上、中学生・高校生や大人たちです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

川端 誠さんのその他の作品

お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊 / 槍ケ岳山頂



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

森の木

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット