十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
小さめサイズが可愛い♪「こんとあき」など絵本柄のおつかいバッグはいかがですか?
薔薇をさがして・・・
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

薔薇をさがして・・・

作: 今江 祥智
絵: 宇野 亜喜良
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

ゴールデンウィーク中の配送について

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年11月
ISBN: 9784776400905

12〜、大人
A5判  47頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

”中学生の昭夫は、事故で父さんを失い、居酒屋をはじめた母さんを手伝って厨房で働いていた。ある日、昭夫は厨房の小窓から、銀色に光る少女の後ろ姿を見つける。その後少女はたびたび店にあらわれるが……。少年と少女の出会いを幻想的に描いた美しい作品。”

ベストレビュー

少女のまぼろしへのあこがれでしょうか

不慮の事故で父親を失った母子が始めた小さな居酒屋。
厨房から客席を除いていた少年の昭夫に、不思議な少女が目に留まります。
母親には見えない少女に、昭夫はあこがれ、心惹かれます。
いつの間にかに女らしく成長していく少女の幻影は、少年の恋心のせいでしょうか。
宇野亜喜良さんの描く女性の姿はなんだかニンフのようです。
少年を訪れる父親のまぼろしが、少女は両親が離婚して父親の下をさった京子というクラスメイトだと教えます。
その父親と店を出ていく、京子はなんだかつれあいのように妖艶に描かれています。
思春期の背伸びした感じの作品。
「薔薇をさがして…」のタイトルは象徴的ですが、薔薇にはとげがあることを意識しているのでしょうか。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / ぼんぼん / 優しさごっこ / ごきげんなライオン ともだちはくまくん

宇野 亜喜良さんのその他の作品

シンデレラ / 恋人たち / おおきなひとみ / マイマイとナイナイ / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(33) さくらんぼ / おはなしのたからばこワイド愛蔵版(20) きりの村



『海を飛ぶたね』<br> 暁ーAkatsuki―さんインタビュー

薔薇をさがして・・・

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット