大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
歌うねずみウルフ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歌うねずみウルフ

作: ディック・キング・スミス
絵: 杉田 比呂美
訳: 三原 泉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年09月
ISBN: 9784035010500

小学中級から

出版社からの紹介

一人暮らしのもとピアニストの老婦人と、素晴らしい声で歌える才能をもったねずみとの、心うきうきするあたたかな交流を描く。

ベストレビュー

歌が歌えるねずみ

ウルフガング・ア・マウス・モーツァルトと名付けられた末っ子のねずみのお話です。

長すぎる名前なので通称「ウルフ」です。

歌が歌えるねずみです。

おかあさんねずみが怒る時だけ、この長い名前で呼ぶ気持ち、何となくわかる気がしました。

ピアノの演奏や歌が出てくるので、音楽好きなお子さんが読むとより一層楽しめるかもしれないと思いました。

「ともだち賛歌」が出てくるのでつい歌ってしまいました。

一人暮らしの老婦人とウルフとの交流が微笑ましく感じました。

「番ねずみのヤカちゃん」を連想するのは、ねずみが飼い主を助ける要素があるからかもしれません。

最後のオチに息子とクスッとしてしまいました。

ディック・キング=スミス、中学年向けの児童書でよく見かけます。翻訳されている本も多いようなので、注目して読んでいきたいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ディック・キング・スミスさんのその他の作品

かしこいブタのロリポップ / わるがきノートン / おふろのなかからモンスター

杉田 比呂美さんのその他の作品

ゆうだちのまち / ぼくたちの相棒 / 続・12月の夏休み / 12にんのいちにち / 謎の国からのSOS / 宇宙犬ハッチー

三原 泉さんのその他の作品

あらいぐまのヨッチー  / 手と手をつないで / クリスマスイヴの木 / こちょこちょがいっぱい! / さかさんぼの日 / アナベル・ドールとちっちゃなティリー



葉祥明さんの描く不朽の名作

歌うねずみウルフ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット