もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
牡丹さんの不思議な毎日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

牡丹さんの不思議な毎日

  • 児童書
作: 柏葉 幸子
絵: ささめや ゆき
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784251041920

小学校高学年以上
176ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

元気な牡丹さん一家と幽霊のゆきやなぎさんとの奇妙な同居生活を描く。ひなびた温泉街が舞台の人情味あふれるファンタジー童話!

ベストレビュー

ささめやゆきさんの絵がぴったり

再読です。
7年前の読書記録に面白かったと書いてあったので、
引っ張り出して読み返しました。
ささめやゆきさんの絵がぴったりな感じです。
牡丹さん、エネルギッシュで前向き、元気いっぱいです。
そしてなんといっても、掘り出し物の奇妙な住居が魅力的です。
幽霊のゆきやなぎさんは、初めはええっと思ったものの、
今どきの幽霊なんですね。
昔風に言うとハイカラなおばあさん。
一家に一人こういう人がいるとなかなか良い。
ふしぎなことが次々と起こるちいさな温泉町。
フレディの存在がかなり大きくて、彼の好みも面白い。
戻ってきてほんとによかった。
宇賀さんもお気に入りのゲストでした。
ふしぎなお話がいくつもありましたが、ラストの初市の話が
印象深いです。
(ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柏葉 幸子さんのその他の作品

涙倉の夢 / 竜が呼んだ娘 やみ倉の竜 / モンスター・ホテルでパトロール / おばけ遊園地は大さわぎ / ドールハウスはおばけがいっぱい / モンスター・ホテルでそっくりさん

ささめや ゆきさんのその他の作品

かわいいおとうさん / 子どもつなひき騒動 / かえるぴょん / おとうさんは、いま / 三方一両損 / さっ太の黒い子馬



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

牡丹さんの不思議な毎日

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット