ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
牡丹さんの不思議な毎日
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

牡丹さんの不思議な毎日

  • 児童書
作: 柏葉 幸子
絵: ささめや ゆき
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784251041920

小学校高学年以上
176ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

元気な牡丹さん一家と幽霊のゆきやなぎさんとの奇妙な同居生活を描く。ひなびた温泉街が舞台の人情味あふれるファンタジー童話!

ベストレビュー

パワフルな牡丹さん

このところ柏葉幸子さんの作品を続けて読んでいます。

『つづきの図書館』の主人公は40歳の女性・桃でしたが、この主人公の牡丹さんは中学生の菫の母ということなので、

『つづきの図書館』の桃さんと年齢的に近いだろうなあと思って読んでいました。

桃さんが大人しい感じでしたが、こちらの牡丹さんはパワフルです。

温泉街の旅館を家として買って引っ越してきたところから話は始まります。そこにはゆきやなぎさんという幽霊が住んでいました。

全然動じることがなく幽霊と同居してしまうし、次々に起こる不思議な出来事もすんなり受け入れてしまう牡丹さん。

児童書ですが、牡丹さんの年齢に近い母親世代は牡丹さんに、菫の年齢に近いお子さんは菫の方に寄り添って読めます。

エピソードなの中では8章「帰郷」の綾子さんが『つづきの図書館』の桃さんに設定が近い感じがしました。

親になって児童書を読むと、子どもの方の気持ちもわかって、またその周辺の親の気持ちもわかるので、

子どもの時よりも深いところで共感できることもあるのではないかと思います。

柏葉さんの児童書は親世代が読んでもおもしろい児童書が多いですね。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柏葉 幸子さんのその他の作品

モンスター・ホテルでそっくりさん / モンスター・ホテルで ピクニック / おしごとのおはなし パティシエ 父さんはドラゴン・パティシエ / 遠野物語 / モンスター・ホテルで ごしょうたい / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン

ささめや ゆきさんのその他の作品

おとうさんは、いま / 三方一両損 / バイバイ、わたしの9さい! / なかよくなれたね / 椅子 しあわせの分量 / あひるの手紙



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

牡丹さんの不思議な毎日

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット