しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【夏を楽しむページ】ひゅ〜どんどこ!絵本ナビの夏祭り2017
ぼくのおじさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのおじさん

作: 斉藤 洋
絵: いとう ひろし
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのおじさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年04月
ISBN: 9784036100101

小学中級から
22cm×16cm/174ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

長い間行方不明だったおじさんがひょっこり帰ってきた。家中みんな大喜びだけど、ぼくはおじさんがタダモノではないことを目撃してしまう?。

ベストレビュー

ヨガを習ったら、変身できるの?

「おじさん」をテーマにした絵本や児童書って、意外と多いことに気がつきました。
そして、面白いものが多いです。
まず紹介したのは、この斉藤洋さんが書かれている作品。
偕成社おたのしみクラブシリーズの1冊で、イラストはいとうひろしさんです。

主人公が10歳くらいなので、小学校中学年くらいに一番お薦めですが、本が好きなら低学年からでも1人読みができそうですし、高学年でも話的には十分楽しめると思います。

本の作りは行間も程よくあいていて読みやすいし、振り仮名も振ってあり、大変読みやすかったです。
いとうひろしさんのイラストも最高です!!

初めの2,3行を読んで「これはなんか面白い」と思ったので、
下の子がごろごろしている側で音読を始めました。
プロローグを読んで、1章読んで(ここまでで約10分くらい)、
疲れたから黙読に変えようと黙ったら、
娘が「あれ?もう、終わり?」って聞くんで、また続きを読み始めました。

でも、1冊音読し続けるには、ちょっと長いんですよ〜。
5章を読み終わったあたりで、喉がかれてきて、
「(読むの)やめてもいい?」って、聞いたら、
「え〜っ!?」というので、頑張って6章目まで音読しました!!
ここまで約45分!
「もう、だめ疲れた」といったら、
子どもは「じゃぁ、いいよ、自分で読むから貸して」と、
私から『ぼくのおじさん』をひったくってあっという間に読んでしまいました。
途中ずっと、「へ〜ぇ」とか、「うわぁっ、こわっ!」とか言いながら…。
とにかくすごく面白かったようです。
(もちろん大人の私も、面白かったです)

この作品はぼく:那生(なお)の目線の一人称なので、読み手が小学生だったら、すごく共感できるだろうな〜って、作りになっています。
後半には、住んでいる街にいきなり大きなワニが登場したり、トラが助けてくれたり。
前半部分ののほほんとした「おじさん観察日記」風な感じと打って変わって、ドキドキわくわくするストーリー展開でした。

さて、この本を読み終えた娘が一言。
「ねぇ、ヨガをやってたら、こんな風に変身できるようになるの?」
いや〜、きっと、それは多分「無理」だから…。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

出版社おすすめ


斉藤 洋さんのその他の作品

ほらふき男爵の大旅行 / 空で出会ったふしぎな人たち / ふしぎパティシエールみるか しあわせレインボー・パウダー / ちいさなはなのものがたり  / きんたろうちゃん / ねがえり ごろん

いとう ひろしさんのその他の作品

へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

ぼくのおじさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット