宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ずいずいずっころばし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ずいずいずっころばし

作・絵: せがわやすお
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ベストレビュー

なぜかお気に入り(^_^;)

「ずいずいずっころばし」って意味不明な歌詞ですが、この摩訶不思議さにぴったりマッチした摩訶不思議な絵が添えられて、ページをめくると、あぁ、これって、こういう意味だったのかぁ…なんて、大人の私は納得。3歳の娘の方はその摩訶不思議×2な世界をそのまますんなりと楽しんでいる様子です。童謡のCDを聴いて、ずいずいずっころばしが流れると、子どものともシリーズの絵本の中からごそごそとこの本を探し出し、「これこれ!」と、ページをめくりながらうたを聴いています。
茶壷に追われるシーンの絵はちょっとコワイですね。
この本と出合ったおかげで、意味不明だと思っていたわらべうたが、「とっぴんしゃん」「どんどこしょ」と、言葉遊びみたいに楽しく感じられるようになりました。
(soyosoyowindさん 40代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ


せがわやすおさんのその他の作品

ずいずいずっころばし / かぜにふかれて / ほうらかめだ / 三にんむすこ



「ろっぺいブックス はじめてのえほん」刊行記念インタビュー

ずいずいずっころばし

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット