もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
物語が生きる力を育てる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

物語が生きる力を育てる

作: 脇 明子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

大反響を呼んだ『読む力は生きる力』の第2弾! 本書では,神話や昔話のもつ不思議な力について,また,ゆたかな感情体験のできる物語がいかに,子どもの感性や知性,つまり人生を切り開いていくための「生きる力」を育てていくか,具体例をあげながら平明に説く.

ベストレビュー

子どもに本を読むということ

図書館の講座でよくご紹介いただく脇さんの本。

難しいことが書いてあるイメージがあって、なかなか手が出せなかったのですが、読んでみたら、すっと心に伝わってくる本でした。

この本に紹介してあったということで、「ロシアの昔話」を息子にどうかと紹介して下さった方があり、

この冬「ロシアの昔話」を読んだのですが、連日の息子の「『ロシアの昔話』を読んで」というコールに、この本のおもしろさを私も実感しました。

この本の中でもやはり読み聞かせた小学生たちの反応の良さが窺えました。

そして、読み応えのあるしっかりした本を、息子に読み聞かせしていきたいなあという気持ちが高まってきました。

もし、小学校での読み聞かせをする機会があれば、ぜひ児童書の読み聞かせをしてみたいなあと思いました。

児童書や絵本の紹介もあるので、これから息子と一緒に読み進めていきたいなあと思いました。

児童書になったらもう読み聞かせはしなくてもいいの?いつまでも読み聞かせをするのはおかしい?など疑問を持たれている方がいたら、この本を読まれることをお勧めしたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

脇 明子さんのその他の作品

岩波少年文庫 北風のうしろの国(上) / 岩波少年文庫 北風のうしろの国(下) / 蛙となれよ冷し瓜 一茶の人生と俳句 / 読む力が未来をひらく / ノウサギとハリネズミ / 岩波少年文庫 小公女



『なくなりそうな 世界のことば』<br>西淑さんインタビュー

物語が生きる力を育てる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット