ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
しょうとのおにたいじ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しょうとのおにたいじ

  • 絵本
再話: 稲田 和子
絵: 川端 健生
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年01月
ISBN: 9784834024791

読んであげるなら・ 3才から
自分で読むなら・ 小学低学年から
27X20cm・32ページ

出版社からの紹介

大切なたまごを鬼に食べられてしまった“しょうと”(ホオジロ)の鬼退治。
なじみのあるストーリーを、生き生きとした語りと味わい深い絵で描いた日本昔話絵本の傑作。

ベストレビュー

さるかにみたい

最近鬼が大好きな息子のために探してきたなかの1冊です。

しょうとの卵の留守番を頼まれたお地蔵さんが鬼に騙され、卵を全部鬼に食べられてしまい、しょうとが仇討ちにでかけるという話です。さるかに合戦にもよく似ています。

息子は鬼がどうなるのか、ハラハラしながら聞いていました。鬼は3人出てきますが、本当は色を変えただけの1人です。まだ息子は気付いていませんでしたが、退治される鬼が一人なので、そのうち気付くかなと思って言わずにいます。

お地蔵さんの人の良さとか、しょうとの嘆き方とか、鬼のあばれっぷりなどがいかにも昔話らしくて良かったです。
(さみはさみさん 30代・ママ 男の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

稲田 和子さんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 うりひめとあまんじゃく / えすがたにょうぼう / 炭焼長者 / 天人女房 / あおい玉 あかい玉 しろい玉 / 岩波少年文庫 13 かもとりごんべえ ゆかいな昔話50選



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

しょうとのおにたいじ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット