もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ドキドキドキ心ぞうの研究
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドキドキドキ心ぞうの研究

作・絵: 柳生 弦一郎
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ドキドキドキ心ぞうの研究」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年10月01日
ISBN: 9784834011203

自分で読むなら 小学中学年から

出版社からの紹介

心ぞうって何してるの? 心ぞうを止めることってできるの?走るとドキドキが大きくはやくなるのはなぜ? 友だちの胸の音を聞いたりしながら、心ぞうや細胞のふしぎを考えます。

ベストレビュー

理科って、面白い分野だよ。

ちょっと難しい本だけど、とってもお薦めです。
読書離れと同じように、子供達の理科離れって、よく聞きますよね。でも、この絵本を読むと理科って、とても面白い分野なんだと分かると思います。
「心臓」って、身体の中でもとても大切な部分ですよね。その心臓のことを小学生くらいでも理解できる内容で説明してくれています。
心臓は、身体を動かす細胞が必要な血液を流すポンプの役目をしているとか、脳からの指令で「ドキドキ」しちゃうとか。大人が読んでも、勉強になるし、面白いですよ。
こういう絵本で、楽しみながら知っていると、学校の授業で「勉強」するより、ずっと頭に残るんじゃないかな。
(てんぐざるさん 30代・ママ 7歳、3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳生 弦一郎さんのその他の作品

なーちゃんとおおかみ / 大型絵本 たまごのあかちゃん / いーはとあーは / はじめてであう小児科の本 / にほんのわらべうた1 うめとさくら / にほんのわらべうた2 すずめすずめ



怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

ドキドキドキ心ぞうの研究

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット