あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
宇宙人のしゅくだい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宇宙人のしゅくだい

作: 小松左京
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥580 +税

「宇宙人のしゅくだい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1981年08月
ISBN: 9784061470743

ページ数:188

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「ちょっとまって! わたしたちがおとなになったら、きっと戦争のない星にして、地球をもっともっと、たいせつにするわ……。」ヨシコのした宇宙人とのやくそくは、はたして実現されるでしょうか。表題作『宇宙人のしゅくだい』ほか、次代を担う子どもたちへの期待をこめておくる25編のSF短編集。

ベストレビュー

巨匠・小松左京の児童向けSF!

あのSF界の巨匠『小松左京』が書いた児童向けのショートショートです。
学生時代、小松左京氏の描いた大作をいくつか読みましたが、まさかこんな子ども向けのSFまで手掛けていたとは、知りませんでした。

ショートショートだったせいか、星新一さんの作品と似たものを感じました。
この「宇宙人のしゅくだい」というのは表題作で、中には25編もの作品が載っていました。
どれもとっても短くまとめられたものなので、小学校中学年くらいから1人読みはできると思います。
うちの子どもたちは2人とも1人読みで、あっという間に読み切ってしまいました。
下の子は、表題作より「アリとチョウチョウとカタツムリ」の方が面白かったそうです。
上の子は、全体的にシュールで暗い終わり方をしているものが多くて、苦手だと言っていました。

宇宙人や未来の地球の話などが多く、
全編にわたって、小松左京さんの地球への想いが伝わってくるなぁ、と感じました。
個人的に気に入ったのは「キツネと宇宙人」でした。
気軽に読めた楽しいので、巨匠・小松左京の児童向けSF機会があったら、ぜひ読んでみてください。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子14歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

小松左京さんのその他の作品

すぺるむ・さぴえんすの冒険 / 復活の日 人類滅亡の危機との闘い―― / 宇宙人のしゅくだい / 空中都市008 アオゾラ市のものがたり



お気に入りのくだものはどれ?

宇宙人のしゅくだい

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット