もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
センシュちゃんとウオットちゃんのバナナじま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

センシュちゃんとウオットちゃんのバナナじま

  • 絵本
作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784097264064

B5判・32頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

食いしん坊でちょっぴり欲張りなセンシュちゃんは、やさしいウオットちゃんや仲間たちと楽しく暮らしています。そのセンシュちゃんが、ある日、一人で冒険に出かけてしまいます。その理由はもちろん「食べ物」。
「バナナがいっぱいなっている“バナナじま”に行って、おなかがはちきれるほどバナナを食べてみたい!」
ところが、乗ってきたいかだは雷でこなごなに。その時、島の「ともだち」」に出会います。その「ともだち」とは・・・?
青い海に広い空、そして豊かな森。美しい島の自然を背景に大冒険が繰り広げられます。
どこにいてもセンシュちゃんはセンシュちゃんだけど、親切で優しい新しい「ともだち」と、心配してくれる「仲間たち」に囲まれている様子を見ていると本当に幸せな気分になってくるのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

センシュちゃんとウオットちゃんのバナナじま

出版社からの紹介

バナナじまの「ともだち」との心温まる物語。欲ばりだけれど憎めないセンシュちゃんとやさしいウオットちゃんは、
仲間たちと仲良く暮らしています。バナナをたくさん食べたいセンシュちゃんは、ひとりバナナ島へ。
筏が壊れて帰れなくなったセンシュちゃんが出会った「ともだち」とは…。

ベストレビュー

おいしいものも大事だけど

バナナがダイスキ、センシュちゃんの行動がかわいすぎて、ずっと幸せな気持ちで読み進めました。バナナがこれでもかと登場するので、バナナ好きな方にはたまらない一冊でしょう。バナナの甘い香りがただよってきそうな感じ!
ダイスキな食べものに囲まれるのは、もちろん幸せ。でもそれだけじゃ、さびしい。やっぱり、その幸せをわかち合えるダイスキな友達といっしょじゃないとね!
センシュちゃんがウォットちゃんを恋しがる気持ちに同情しちゃいました。でも、ウォットちゃんだけじゃなくって、ウォットちゃんがつくるパンケーキも恋しがるところが、笑えるツボなんですけどね。

本の終わりには、作者が訪れたボルネオ島に住む、孤児のオランウータンが紹介されています。人間のために犠牲になっている自然のこと、人間と動物が共存するための環境の育成のことなど、子どもたちにもわかりやすいメッセージがつづられています。これを読めただけでも、この本に出あった価値はあったなあと思いました。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子11歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


工藤 ノリコさんのその他の作品

ノラネコぐんだんそらをとぶ / ノラネコぐんだんたべものGIFT BOX(2さつセット) / ノラネコぐんだんのりものGIFT BOX(2さつセット) / ピヨピヨ おばあちゃんのうち / ノラネコぐんだん おすしやさん / センシュちゃんとウオットちゃん ながいたび



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

センシュちゃんとウオットちゃんのバナナじま

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット