1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
福よ、コイコイ♪幸せがいっぱい訪れそうな「絵本おふくさん」の複製原画、できました♪
ネコ・猫・ねこ 世界中のネコの昔ばなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ネコ・猫・ねこ 世界中のネコの昔ばなし

訳: 光吉 夏弥
出版社: 平凡社

本体価格: ¥1,495 +税

「ネコ・猫・ねこ 世界中のネコの昔ばなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

世界各地の昔話・民話を渉猟して、33ヵ国50話の猫ばなし。ネコとネズミ、何故イヌと仲が悪いか、魔のネコなど、その可愛らしさ、かしこさ、残酷さが浮かびあがる。

ベストレビュー

猫好きさんは必見

あとがきによると「わが家にも、親子三代、十二匹のかわいい猫一家が、猫の額のような庭の猫小屋にいる」ということで、光吉夏弥さんご自身が大変な猫好きであったようです。

副題が「世界中のネコの昔のばなし」ということで、50話もの猫の昔話が集められています。

猫好きさんは必見かもしれません。

ただ集められているだけではなく種類ごとに分類されているのが読みやすかったです。「ネコはなぜ?」という章では猫に関する由来物が集められていて興味深かったです。

「名高い猫たち」では「長靴をはいた猫」「ディック・ウィティントンと猫」などの有名どころのお話も読めます。


この配慮が読む方としてはとても嬉しかったです。

単に絵本の蒐集家というだけでなく訳・選書と日本の児童文学の先鞭をつけられてきた光吉さんならではの昔話集と思いました。

一日一話的にも読めます。総ルビではないので、息子には読み聞かせをしましたが、毎日のように「『ネコ・猫・ねこ』読んで」と言われました。

私は特に猫好きというわけではなく、光吉さんの訳が好きで昔話が好きなので、楽しめました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



お子さんと一緒に物語が楽しめる『音のでるえほん』

ネコ・猫・ねこ 世界中のネコの昔ばなし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット