貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ポケットパズル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ポケットパズル

作: すぎやまあきら
絵: やすいけかずや
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784834025439

小学中学年から
18X12cm ・208ページ

出版社からの紹介

月刊「たくさんのふしぎ」通巻300号を記念し、綴じ込み付録「ふしぎ新聞」に24年間連載をつづける人気クイズコーナー
<ポケットパズル>より、厳選180問を一冊にまとめ刊行します!季節の行事にちなんだクイズを、ひと月15問ずつ
4月から3月まで一年間たのしめます。暗号解読、まちがいさがし、漢字・数字、ダジャレ……。王道のクイズ問題から、
すこーし難しいへんてこな問題まで、大人も子どもと一緒に挑戦したくなるクイズの本です。

ベストレビュー

クイズ・パズル好きのお子さんに

月刊「たくさんのふしぎ」の綴じ込み付録「ふしぎ新聞」に24年間も連載され続けたクイズコーナーの選りすぐりの180問が一冊にまとめてあるそうです。

挿絵などがレトロな感じで、今どきの子供が興味を持って手に取るような本では無いかも知れません。
でも、中身は本当に面白い。
バラエティに富んだ問題は、子供だけじゃなく大人にも解き応えあり。
難しさレベル(★〜★★★★★)の表示があって、難しくて面白い問題を解く度に誰かに話したくなるかも。

ただ読むだけじゃなく、実際にコインやマッチや紐などを使ったり、ページをコピーして切ったり、色々書き込んだり…実際に試してみるともっと楽しいです。

二年生ぐらいまでに習う漢字にはふりがながありませんし、「小学中学年から」との表示がありますが、小2の息子でも十分楽しめる内容でした。
(キョッチさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




気になる絵本に投票しよう!レビュー投稿でプレゼントも

ポケットパズル

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット