くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
紙芝居 きかんしゃ ぼっぽくん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 きかんしゃ ぼっぽくん

  • 絵本
脚本・絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ再版未定>>

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2010年
ISBN: 9784494090846

3歳〜
B4判 26.5×38.2cm 8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ぼっぽー ぼっぽー きかんしゃぼっぽくんが、おさんぽにでかけます。
てっきょうをわたって、トンネルをでると、くるまのぶっぷくんが、はしっていました。
しばらくして、ぶっぷくんは「あそこであそんでいく」といって、はなれていきました。
するとぼっぽくんは…。

ベストレビュー

乗り物好きなお子さんに

図書館でよくお話会に来られる三歳のお子さんに遭遇し「読んで」と言われて読んであげました。

とよたさんの紙芝居はお話会でよく拝見していますが、このような乗り物の紙芝居もあったんですね。

機関車と車がブランコする場面は、正直「ありえない」と思ったのですが、乗り物好きな男の子にとっては自分が好きなものが自分と同じようなことをしているというのは、とても身近に感じるのかもしれないなぁと。

乗り物好きなお子さんによさそうだと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


とよた かずひこさんのその他の作品

めろんさんがね・・ / おんなじおんなじ ももんちゃん / ゆびさしな〜に? / かさちゃんです。 / だれかな?だれかな? / なにたべているのかな?



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

紙芝居 きかんしゃ ぼっぽくん

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット