すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
なんにもないない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なんにもないない

  • 絵本
作・絵: ワンダ・ガアグ
訳: 村中 李衣
出版社: ブック・グローブ社

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なんにもないない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

さすがにワンダ・ガアグ

光吉夏弥さんの『絵本図書館』が購入したくて、ブック・グローブ社で検索していたら、出てきた本です。

どんな話だろう?と思って図書館の閉架から出してもらいました。

三匹のすて犬きょうだい、その一匹は透明人間のように存在はあっても姿は全くないのです。

だから、名前が「なんでもないない」

これだけでももう読みたくなると思いませんか?

さすがに、ワンダ・ガアグ。

絵本ナビの絵本紹介画面には、コールデコット賞受賞とありますが、
『へんなどうつぶ』や『100まんびきのねこ』などに比べると

あまり知られていないような。

ひょっとしてこれは隠れた名作というものでしょうか。

設定もそうですが、ストーリーも何だかおもしろい。

字の分量が多いので、年長さんぐらいから読み聞かせはいけそうです。

もし、閉架になっていても、一度出して読んでみてほしい本です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

ワンダ・ガアグさんのその他の作品

グリムのむかしばなし2 / グリムのむかしばなし 1 / へんなどうつぶ / スニッピーとスナッピー / ワンダ・ガアグ若き日の痛みと輝き −「100まんびきのねこ」の作者が残した日記− / ヘンゼルとグレーテル

村中 李衣さんのその他の作品

たなばたのねがいごと / マネキンさんがきた / よるのとしょかんだいぼうけん / 春夏秋冬 自然とつきあう! / 日本語 ことばは時をこえる! / かあさんのしっぽっぽ



「あかちゃんがよろこぶしかけえほん」シリーズ インタビュー!

なんにもないない

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット