なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
アンのゆりかご 村岡花子の生涯
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アンのゆりかご 村岡花子の生涯

  • 児童書
著: 村岡 恵理
出版社: マガジンハウス

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784838718726

B6

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

貧しいクリスチャンの娘は、華族の学ぶ女学校へ。英語を学び翻訳家となり、「禁じられた恋」を貫き通す。長男を失った悲しみを越え…。戦争中、命がけで「アン」を翻訳した村岡花子の初めて明かされる情熱の人生。

ベストレビュー

「赤毛のアン」ファンの方々へ

昔の本の訳は日本語も美しいし、訳者さんの志も高いということを話していたら勧めていだいた本です。

「赤毛のアン」の訳者として有名な村岡花子さんの生涯をお孫さんの恵理さんが書かれたものです。

出版された当時話題になっていたので読みたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず、紹介していただいたので読んでみようと思い読んでみました。

読んでみて、村岡さんの生涯とアンを始めとするモンゴメリの世界との共通点に驚きました。

類は友を呼ぶと言いますが、引き寄せられる何かがあって出会ったというしか表現できない出会いがありますね。

村岡さんが「赤毛のアン」の原書を手にされたいきさつ、戦争中に防空壕には必ず翻訳した原稿を持って入ったというエピソードに心打たれました。

「赤毛のアン」だけでなく、村岡さんが訳された「少女パレアナ」「スウ姉さん」などは私の思春期の愛読書でした。

気に入った訳者さんの本だと今でも安心できるというのは、村岡さんが訳された本から感じたものでした。

「赤毛のアン」に魅了された方も多いと思いますが、ファンの方にはぜひ読んでいただきたいと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村岡 恵理さんのその他の作品

10歳までに読みたい世界名作(1) 赤毛のアン / 村岡花子の世界 赤毛のアンとともに生きて / アンを抱きしめて 村岡花子物語 / 『赤毛のアン』と花子 〜翻訳者・村岡花子の物語〜 / アンのゆりかご 村岡花子の生涯



ハッピーなおやすみのえほん!

アンのゆりかご 村岡花子の生涯

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット