だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
コノヒトタチつっつくべからず
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コノヒトタチつっつくべからず

作: シェル・シルヴァスタイン
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

異色作家のイマジネーション

シェル・シルヴァスタインといえば、『大きな木』という、ヒット作品があって、『1Q84』でブレイク中の村上春樹が新訳をつけているので、関心度の高い作家ですが、極めて異色な作家であると思います。
表現の一つとしてのイラストが作品になっているのであって、決して絵本志向の持ち主ではない。
考えると、シルヴァスタインの作品には極めてアナーキーなものが多くて、『大きな木』を除けば好き嫌いがはっきりするのではないかと思います。
そして、この本はなんともすごいことになっています。
人間社会の人間様を様々な怪獣もどきに具象化して解説した図鑑の体をなしています。
少しグロテスクなのですが、これがシルヴァスタイン流。
よく考えると、人や物事にパロディ化をはかるような独創力が中学生の思考パターンなのか、自分も中学時代に同じような思い出がありますし、子どもたちにしてもそのような時期のようです。(これだけの数量をこなすだけのことは出来ませんでしたが)
芥川賞作家の川上弘美が訳しているのですが、この本は川上弘美流も備え付けています。
絵本としては、読みづらい本ですが、子どもたちがウフフと笑ったらしめたものです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


シェル・シルヴァスタインさんのその他の作品

めっけもののサイ / おおきな木 / 天に落ちる / 人間になりかけたライオン / ゆかいないっぴきはん / おとくなサイはいかがです?



すべてのおとなとこどもに贈ります

コノヒトタチつっつくべからず

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75




全ページためしよみ
年齢別絵本セット