アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんです アントンせんせい あかちゃんですの試し読みができます!
作: 西村 敏雄  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
アントンせんせいの病院にやってきたブタのブータさんとブーコさんの夫婦。 ブーコさんのお腹のなかには、あかちゃんがいて!?
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
おはなし名画シリーズ(3) ルノワールとドガ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(3) ルノワールとドガ

  • 絵本
文: 小手鞠 るい
出版社: 博雅堂出版

本体価格: ¥2,912 +税

「おはなし名画シリーズ(3) ルノワールとドガ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 1993年04月
ISBN: 9784938595067

B4変型判 68ページ
作品点数 38点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

風景ならその中に入って散歩したくなるような絵を、
女の人なら抱きしめたくなるような絵を描きたい。(ルノワール) 

●ルノワール  ”楽しい絵をかきたい”
「ぼくの絵を みる人に 楽しい気分に なってほしい」
これはルノワールが画家としての人生をとおしていつもいっていたことばです。
そのことばのとおりわたしたちを楽しくやさしくしあわせな気持ちにさせてくれる
ルノワールの絵は今では世界中のだれからも愛されています。
けれどもルノワールが生きていた時代には世の中の人びとはその絵のすばらしさになかなか気づきませんでした。
このため画家になったルノワールは長いあいだ貧しい暮しをつづけなくてはなりませんでした。
にもかかわらず、貧しい生活の中から生みだされたおおくの絵はどれもあかるい光にみちあたたかい色にあふれています。

おはなし名画シリーズ(3) ルノワールとドガ

ベストレビュー

絵をかくために

ルノワールとモネが、一緒に青空の下で絵を描いていたと知って
とても驚きました。

画家はどこか孤独なイメージがあるのですが、
仲間と一緒に、楽しみながら描くこともあるのですね。

また、2人とも後に有名な画家になるので、
その交友関係にも興味をもちました。

最後までとても楽しく読み進めましたが、
中でも、妻の
「ぶどうの木が ぶどう酒になるために 生えてくるように
ルノワールは 絵をかくために 生まれてきたのよ」
という言葉が一番印象に残りました。

また、ドガの人柄を知って、本当はとても優しい人だったのだと感じました。
一度美術館で見た事がありますが、
またの機会に、再度じっくりと見たいです。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小手鞠 るいさんのその他の作品

ねこの町のダリオ写真館 / ななめねこ まちをゆく / ねこの町のリリアのパン / きみの声を聞かせて / いつも心の中に / あんずの木の下で



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

おはなし名画シリーズ(3) ルノワールとドガ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット