1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
おはなし名画シリーズ(11) セザンヌとスーラ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おはなし名画シリーズ(11) セザンヌとスーラ

  • 絵本
監修: 森田 義之
文: 小手鞠 るい・西村 和子 / 文
出版社: 博雅堂出版

本体価格: ¥3,200 +税

「おはなし名画シリーズ(11) セザンヌとスーラ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2000年08月
ISBN: 9784938595203

B4変型判 64ページ
作品点数 32点

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

今に、りんごひとつでパリ中をあっと言わせてみせる。(セザンヌ)

●セザンヌ
セザンヌは生まれ故郷のエクスにもどり、南フランスの山の中にこもってアトリエの窓から見える
サント・ヴィクトワール山やまわりの風景をくりかえしくりかえし、ひとりもくもくと描きつづけました。

●スーラ
スーラは毎日のように この島に出かけ スケッチをくりかえし、
アトリエでそのスケッチをもとに一筆一筆色の点でカンバスをうめつづけました。
そして、2年かかってようやくしあげたその絵には
それまでの画家がだれも描かなかった不思議なスーラの世界がありました。

おはなし名画シリーズ(11) セザンヌとスーラ

ベストレビュー

交流関係が興味深い

セザンヌと、当時は無名だった有名画家たちとの交流が興味深かったです。

「セザンヌの絵は周りからは笑われていたが、
仲間はセザンヌの才能を認めていた」という事に、感心しました。

そして、暗い絵ばかりを描いていた彼に対し、
明るい風景画の魅力を教えてあげたことも・・・・。

ライバルというよりも、仲間だったのでしょうか。
「自分だけが成功すれば良い」ではなく、
お互いを高めようという精神の持ち主が、
後に有名になるのかもしれないと思いました。
(なーお00さん 20代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森田 義之さんのその他の作品

おはなし名画シリーズ(20) イエスの誕生とうわさの壁画 / おはなし名画シリーズ(17) フェルメールとレンブラント / おはなし名画シリーズ(16) ダリ / おはなし名画シリーズ(15) ミレーとコロー / おはなし名画シリーズ(14) クレー / おはなし名画シリーズ(12) マティス



『藤城清治 影絵の絵本 グリム』<br>藤城清治さんインタビュー

おはなし名画シリーズ(11) セザンヌとスーラ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット